あけましておめでとうございます。

今年もブログを書かなかったりツイートしてたりするんで宜しくお願いします。



今回はタイトル通りWEのM712カービンが届いたんで軽くレビューをします。
実は年末に届いてはいたんですけど、岐阜のクソ田舎に帰ってたりして昨日受け取ったばかりです。

IMG_3676_
本体全景。箱は割愛。
というか前回のMP5レビューで見せたクッソ気合の入った(?)箱ではなく、
無地のダンボールの端に申し訳程度の商品画像シールが貼られていただけだったんで。 
皆さんご存知でしょうけど日本では金属製の拳銃型玩具に関しては厳しい制限がかけられています。
なのでWEのM712は持てないんですけど、完全にカービン化されたM712カービンならOKというワケです。

銃床も先台もプラスチックです。
見た目は百歩譲って構わないんですが、内部が空洞なので叩くと安っぽい音がします。
しかも軽いので中には何かしら詰め物をした方がいいかも。

IMG_3677_
被写界深度の都合でよく見えませんが、いつものMADE IN TAIWANシールがあります。
マ○イも堂々と刻印せずにシールにすればいいのに。
金属製で表面は塗装。
銃床の接続部に若干のクリアランスがありますが、そこを除けば非常にしっかりした出来。

IMG_3678_
多くの人にとっては残念ポイントなんでしょうけど、実はこれマウザーM712シュネルファイアーじゃないんですよね。
さっきからM712と紹介してたのに今更何だって話なんですが、三十二年式手槍カービンなんですよ。

簡単に言えば中国でコピー生産していたM712です。
この刻印がどうしても嫌ならロアだけマルシンのに変えましょう。
ちょっと手を入れれば着けられるようです。

自分は割とこういうコピー品刻印が好きなんでいいんですけどもね。

塗装ハゲが認められますが、到着時点でそうなっていました。
前回のMP5のマガジンもそうだったけど、WEの塗装って弱いのかな。
MP5とコレ以外では別に塗装がハゲやすいってのはあまりなかったような気もするけど…。

IMG_3679_
迫真の1000m対応タンジェントサイト。
時代、感じるんでしたよね…?

これ実銃ではどうなのか知らないんですけど、カービンとピストルではサイトレングスが違うのに、
タンジェントサイトは同じ刻印ではあまり意味がないような気がするんですよね。
実際は専用のサイトがあるのかも。

 IMG_3680_
ホールドオープン。
マルシン製では叶わないホールドオープンが。
マルシンと同じくフルストロークとはいきませんが、ただのコピーでは済まさないのがWEの良い所。

確か実銃ではマガジンフォロワーにボルトをぶつけて無理矢理なホールドオープンをさせるメカなので、
マガジンを抜くとスライドストップが解除される筈なんですが、コレは別途ボルトストップメカがあります。
良いアレンジだと思いましたが、賛否両論なのかも。

IMG_3683_
安全装置はカッチリしていて気に入りましたがハンマーが邪魔で操作しにくい。
これは仕方ない。

IMG_3682_
マガジン。
海外仕様バルブなんで音が小さいですけどWEはガスがしっかり入ります。
マルイそっくりのフォロワーストッパーが付属していました。
お座敷派には有り難い。

IMG_3689_
弾とガスを入れて実射。
季節がアレなんでマガジンはある程度温めました。
海外仕様をそのまま輸入したので不安だったんですけど、67~70m/sと低めながらも安定。

HFC134aでも余裕で動きます。
フルオートも高いレートで動いてスライドストップがかかるので気持ちがいい。
作動性は全く問題なし。

レンジなど無いので精度は知りません。


IMG_3685_
マウザー同士(厳密には片方違うけど)で並べると長さがわかります。
Kar98kは騎兵銃ですけど、それでも割と長さのある小銃です。
それと比較してM712は2インチ程度しか違いません。
拳銃ベースとは思えない長さ。

IMG_3684_
長いんですけどワンタッチで銃床が外せるので持ち運びは楽かも。


総評としましては刻印と塗装、ストックのプラ感を除けば非常に良く出来た製品かと思います。
しっかり動いてくれるので、インドアサバゲーくらいなら使用に耐えうるかと。
もしかしたら高圧ガス向けのクソ長いインナーバレルをカットしたら初速上がるかも。
そうしたらアウトドアでも使えるかもしれないですね。
フルオートも気持ちよく決まるんで、オススメの製品です。

日本だと3万くらい買えた筈。(海外ショップでは165USDでしたが円安でお得感は少ない)
あまり見ないスタイルの銃なので、変わり種が欲しい人とか、乗ってた航空機が撃墜された人は是非。


というワケで簡単ですけどレビューは以上です。
これ実は自分のじゃなくて輸入に相乗りした後輩が買った物なんで、レビュー書かせてくれて感謝。