オッスどうも。
ブログ書かないマン1号ことカレーの人です。

先日ちょっと買い物したんで、 ソイツのレビューをします。


 IMG_3241
なんだこの怪しい箱のデザインは!?(驚愕)
APACHEって何だよ攻撃ヘリか?

まあ見ての通り台湾のWE tech製のGBB、MP5です。
ライセンスの都合でH&KどころかMP5とも書いてないんですけどMP5です。
A2って事になってましたが、制限射撃とリブのないレシーバーなのでA4に相当する仕様です。

香港のAirsoft Grobalで購入しました。 
マガジン3本と送料とか色々込みで500USDくらい。
WEのMP5は国内で買うと本体だけで5万円超えてくるので大変お買い得となっております…。
本体が265USD、マガジン1本で47USDでした。

箱に穴が空いてますね。
届いた時は箱が裏返しになっていて、無地のダンボールでした。
税関通過する時なんかに無用な刺激を避けるためでしょうかね。(適当) 
IMG_3242
中身はコレ。
あ~いい格好だぜぇ?

MP5は別に好きな銃ではないんですけど、王道ラインナップなのでずっと欲しかったのです。
でもちょっと変わったタイプがよかったので、UMPみたいなB&Tタイプの銃床を備えたヤツにしました。

リアルなMP5のガスブロと言うとVFCがあります。
WEは安い、撃ち切ると動作が停止する、3点射が可能、リコイルが大きい、B&Tタイプのストックがある等のメリットがあります。
これが魅力でないならVFCの買った方がいいです。

ちなみにVFCもWEもレシーバーやチャージングハンドルはスチールで、H&Kスラップも余裕です。

ほぼ樹脂製のUMPと比べるとかなり重たいですね。

IMG_3243
よく見るフラッシュハイダー。
なんか付属してましたけど好みじゃないので普段は着けません。
これだけはスチールじゃないようで、多分アルミか何かでしょう。

IMG_3244
ガスブロ特有の開放されたエジェクションポートと4ポジションセレクター。
3点射が入るとゴチャゴチャした見た目になりますね…。
実銃より線が太い感じ。

ちなみにH&KとかMP5って刻印は一切ないです。
まあHK416みたいに目立つ刻印じゃないので別に気にならないんですが。
というかVFC製だとそれはそれで『Kal 6mm』とか書かれるのでどっちもどっちって感じ。

IMG_3246
MP5ではあまり見慣れないフォールディングストック。
伸縮式銃床よりこちらの方が好みなんです。
ロックの解除ボタンは軽く、たたみやすいです。
畳んだ状態で軽くテンションがかかってパカパカ開く事もなく良い感じ。
丈夫そうで、伸ばした状態のままストックだけ持って振り回せる。

 IMG_3249
余談なんですけど、我が家でストック被りが発生してます。
UMPは勿論なんですけど、G3まで。
軽くて畳めて扱いやすいので大変気に入っております。

IMG_3250
ガスブロ特有のフィールドストリッピング。
最近ガスブロに慣れてしまったので特別興奮する事もないです…。

IMG_3251
マガジンの素材はよくわかりませんけど、スチールではない。
先述した通り弾がなくなると動作を停止させるメカがついてますが、
空撃ちモードにすぐ切り替えられるので、ゲーマーにもお座敷シューターにも嬉しい仕様。
ちょっと抜き差ししただけですぐ塗装がハゲます。

IMG_3252
全面にBB弾を確認するスリットが空いてる仕様。
賛否両論ありそうですけど、実はWEからスリットの無いバージョンも出ているので問題なし。
僕はBB弾入れやすいんでこのマガジンを予備で3本買いました。

ガスの入っている音がほとんどしませんが、日本の低圧ガスでもしっかり入ります。

IMG_3067_
我が家のH&K SMG三銃士。

ほとんど空撃ちしかしてませんが、本体重量がある割には良いリコイル。
ガスをしっかり入れれば普通に動くし3点射も気持ちよく決まります。
スチールの剛性は言わずもがな、樹脂に関してもしっかりしており、非常に安心感があります。

日本での売価が高すぎますが、海外通販なら比較的安いのでオススメできます。
今週末のサバライブ!に持っていこうかと思ってます。
(室内戦だったら多少実射性能が悪くても良いし)